東京2021土用の丑の日。

6月からの食事改善にも慣れ、炭水化物、ジャンクフード、揚げ物、食品添加物、糖質の抑制プラス、外食しないので料理写真のアップが無くなりましたね。

そんな中、ひとり開催の東京2021土用の丑の日。

無観客、無スポンサーで安全安心。

友人の店の鰻を特別に分けていただいたのでスポンサーは一軒でした。

関東スタイルで、時間をかけて蒸します。

今回NBCとの契約は取れませんでしたので開催時間を気にする必要もありません。

そして「一食限定なのでフードロスはありません」と高野スポークスパーソンが報じています。

友人自家製のタレを塗って、表面をパリッと焼いて出来上がり、

合わせるのは奄美群島の喜界島の黒糖焼酎「しまっちゅ伝蔵」。

シンプルでコクのある味わいは相性がいいですね。

映画「42 世界を変えた男」を観ながら、あっという間に完食です。

コロナ以降さらにテレビを観なくなりまして、いろいろ書きましたがオリンピックもどうなっているのか正直よくわかっていないんです。

 

 

今は家で静かに鰻、

大好きです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。