次の角を曲がれば聞こえてくるはずクレイジーロック


なんの変哲もなかろう地方の学習施設。

地元の学習施設。

しかし15歳の俺の中にあった虚無と退屈を
ぶっこわしてくれた尊い場所なのだ。

免許のないガキがリアカーにアンプやドラムを積み
肩からエレキギターをぶら下げてドカドカうるさい
ロックンロールを練習した場所。

スタジオに入る金もなく、ペコペコの音しか
出せなかったけどテンションはストーンズにも
負けちゃいなかった。

20数年ぶりにバンド練習に使っていた
学習室を覗いてみた。

元高校球児が地元のグラウンドに立つようなものだ。

さぞ熱いものが胸に去来するかと思えば、
おじさんたちが政治の勉強会をしてた。

ふるさとに帰った元高校球児がグラウンドに
行ってみたら盆踊りをやってたような脱力感。

でもOK、イメージの中、仲間のギターが聴こえる。

Am。

まだガキの頃に痺れちまったショックなミックの
サティスファクションが響いている。

クレイジー、クレイジービート。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。