残しておきたくなるものが残るべきもの

書のほかに、絵を描いたり、写真を撮るのが好きだ。
そうさせたくなる「何か」のためにペンを取り、カメラを向ける。

どちらも上手じゃないんだけど
一応の形になるのはその「何か」のおかげ。

「何か」とは何か?

感動的だから
耽美だから
想像を絶するから
美味しいから
鮮やかだから
眩しいから
儚いから
刹那の表情だから

どれも当てはまるが、正解というわけでもない。
「何か」はやっぱりよくわからない。

よくわからないから面白い。
一定の答えがない、不確実さがさらに探究心を生む。

長崎から届いた鯵の干物。

これがこれまでにない絶品だった。

イメージが広がってくる。
筆を取りました。

書にしても、絵にしても、写真にしても
瞬間を切り取るという点では共通している。

んんっ?
さっきの写真、鯖じゃないか?

鯵と鯖、両方いただいたんだよね。

よくわかってないのはそこからじゃねいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。