気持ちが形になって共鳴する宴に

大好きな「伊勢門」さん。昨夜は料理長のはからいで
特別コースをいただきました。

昼間しっかりジムで絞込み、ビールの迎撃体制は万端、
このような特別お品書きを見ながら作品を待つ。
こちらの料理はほんとうに作品のような美しさ。

50cm超でしょうか。こんなに大きな活造りは珍しい。
調子に乗って口に指を入れたらガブリッ!
おもっきり出血しました。釣ってみたいものですな。

伊勢海老、鮑とさすが伊勢門、三重県は食の宝庫。
銀杏、里芋、栗と秋を感じる盛り付けです。

たくさんの旬を堪能して〆はこれ。

松阪牛、生のあおりいか、鯛、鮪。
はい、ノックアウト。

いろんな才能や可能性を五感で感じる時間に
ついつい杯も進みすぎ・・・・
職人の自信と情熱に感動し、そのまま料理長を
攫って飲みに行ってしまいました。

鰈による傷害一件。
料理長略取一件。

新宿はやはり罪な街です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。