津波の馬鹿野郎が奪いとっていったもの

震災直後の母の郷里岩手県宮古。

ここに建物があった。

祖父の遺影だけが無事だった。

残念ながら叔母ひとりではもうここには住めない。
盛岡の娘のところに引っ越すことに決めたそうだ。

激しい怒りが湧いてくる。

幼き日を刻んだ原風景を一瞬にして奪った地震。

故郷を奪った津波。

吼えたい。

22日、それを書にしようと思う。

故郷を失った方々のメンタルケアも忘れてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。