澄み切った夜空にあの日の約束は浮かび

東京の正月の空は実にきれい。
これだけはこの時期にしか味わえないんだよね。

3日の夜に素敵なホームパーティーにお呼ばれ。
ロスチャイルド家のシャンパンやワインを飲みながら
豪快に神戸牛のステーキ。とろける肉の甘さ。

丑は去ろうとも牛は逃がしません。
名古屋コーチンの鍋も格別に美味かった。

俺は差し入れに手羽先のトロトロ煮込みを作っていった。
コラーゲン祭りですな。

なによりも素敵だったのがこれ。

写真は今ひとつだけどこんなに
美しい都会の夜景を見たのは久しぶり。

ひかりの粒はそれ自体がひとつの生命体のように揺らぐ。

地元は自然が多く、車でちょっと走ればきれいな夜景が見れた。
好奇心の固まりだった十代、二十代の記憶がよみがえる。
なんでもできると思い込んでいた。で、やってみた。
歳月は過ぎ、今はこれしかできないとこだわるようになった。
もっと経験を積んで、年齢を重ねて老いたときに
なんでもいいんだよと思うようになるのだろうか。

ココロ、ウゴイテル?

今年は日々の「今」を書にしてアップしてゆきます。
飲み助兼、創作書家ではなくて
創作書家兼、飲み助ですから(笑)

今のつぶやき、
そう、ひとり「Twitter 書」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。