無邪気な野蛮さでおもちゃ箱をかき混ぜて

22歳だっただろうか。
日比谷野外音楽堂で「勇気ある子供達が時代を作る」
っていうロックのイベントがあってそこで「THE ECHOES」
というバンドを初めて生で観た。
熱心なファンではなかったがナイーブで痛みを
内包した歌詞と、翳りがあるU2っぽい曲調もあって
数枚のアルバムは持っていた。

解散後、ヴォーカルの辻仁成は直木賞作家となり、
文化人となった。(小節も数冊読んだ)

その辻仁成さんが「ZAMZA N’BANSHEE
(ザムサン バンシー) 」というバンドを組んで
ロックの世界の帰ってきた。
友人が懇意にしていて、作品も描かせてもらったりもあり
ライブを観に昨夜、渋谷duo MUSIC EXCHANGEへ。

音も前評判も知らなかったステージは想像をはるかに越える
ロック。野蛮だ。子供が夢中になるおもちゃ箱だ。
そう、それがロックだ。

小説家がなんだ、映画監督がなんだ、文化人がなんだ。
ただ単純にこれが好きなんだ。
そんな想いが音を通して客席に溢れてきている。

表現活動だってビジネスの世界とは無縁じゃない。
だけどそこを楽に越えて表現活動は無限なんだ。

叫べ、跳ねろ、もがけ。
苦しみを蹴飛ばす繊細な野蛮さを。

Let’s ROCK!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。