無限に広がるための一歩がここにある

二ヶ月に一度の恒例の「夢玄會」。

水曜の夜に各業界から約70の侍が集結。
飲み会や異業種交流会にあらず。
営利ではない、心がある。
それが夢玄會流。
これまでになく熱く盛り上がる。

会場は新宿「花車」。

毎回幹事をやっていますが、とても良くしてくれる店。

あっという間の三時間。
二軒目は知り合いの無愛想なオヤジのやってる店。
餃子が美味い。
いいツラ構えの熱き硬骨漢MASAと餃子で乾杯。

中締めの後、引けたカウンターで友人と
瓶ビールをちゃちなグラスに注いで静かにあおる。

覚悟を持った男の生き様。
腹をくくって踏み出す一歩。

白茶けた優しさごっこなんていらねぇ、
ただ思う気持ちを行動にするだけ。

“無限に広がるための一歩がここにある” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    昨日はありがとうございました。
    漢字(感字)には種々場面場面での意味があることを教えていただきました。(←勝手に思っているだけですが)
    思い込みや従来の呪縛にとらわれない心、「場」を感じる感性を持てるよう日々精進します。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    言葉じゃなくてかわる感じが言葉になる。
    そんな部分が感字になってくるのでしょう。
    これからも心を共振して行こう。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。