燦十代

宵闇を過ぎても暑さが弱まらない昨夜。
表参道にある一件のレストランの最上階の
テラス席で仲間の誕生日パーティーに
参加してきました。
暑くても天井が空っていうのはそれだけで
ビールが3倍くらい美味くなるものです。

もちろん料理もワインもいけます。

この夜は全員30歳以上。素敵な大人ばかり。
この日誕生日を迎えた主役の女性もしかり。
歳はとるものではなく、重ねてゆくもの。
本当の美しさってこのくらいの年齢から出てくると思う。
だからこの言葉を贈りたいと思います。

10代、20代のころの眩しさは「輝」って感じだけど、
きらびやかさや、痛みや覚悟、思いやりや、感謝など
を内包した30代の美しさは「燦」って感じがする。

無垢で無鉄砲でギラギラと輝くのも素晴らしいけど
まわりを包み込むようなやわらかな光は
優しく心地のいいものだと思う。

みんないい歳を重ねていこうね。

“燦十代” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    素敵な言葉!ありがとう♪(←主役じゃないのに・・・笑)
    ブログ本、出せたらいいね!高野さんのブログ、篤くて面白いもの☆ Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。