犬に三年人一代、人に三年犬一代

ずっと昔、ウチの実家では「ペル」という犬を飼っていた。
それはかわいい雑種、ミックス犬なんて
洒落た言い方じゃなく、雑種。
そんな庶民的な愛嬌をもった犬でした。
最後は全身の毛が抜け、苦しみまくって
母に抱かれて息を引き取った。

ペルは時々、記憶の中から出てくる。

ダウンタウンの松ちゃんも昔、実家で「ペル」という犬を
飼っていたようで、テレビでペルの話をすると
我がことのような感じで聞いて、イメージしてしまう。

残念ながら東京の住宅状況は厳しいもので
犬と過ごす環境下にない。

だから酔っぱらって道ばたの犬に話しかけたり
こうして大好きな犬を描いたりするのだ。

犬は描いてて癒される(めったに描かないけど)。

犬は愛情に従順だ。
受けるだけでなく、表してもくれる。

わがままを言わず、甘え上手でありながら
相手に合わせます的なスタンスも忘れない。

たまらん(笑)

10代だった俺はペルにあまり好かれなかった。
写真一枚持っていない。

だから時々、記憶の中に出てくるペルに謝るんだ。

愛してあげられなくてごめん。と。

シンナーに夢中になっててごめん。と。

    風を探しに「モヒ猿」と海へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。