独り言「夜からこぼれたその僅かな光」

できないことばかり考えて、もどかしさを感じていた。
やれたはずの過去を数えて、忸怩たる思いにかられていた。

なくなってしまえばわかるはず。

でもなくなることに怯えていた。

自分自身を欺いてまき散らした。
いっぱしなことを、
利いた風な顔を、
わかったような気を。

真夜中に逃げこんで
寂しさというゴミ箱の中で残飯を漁る。
空腹は満たされるわけもなく、
鉄のような血の味を噛み締めた。

自動販売機の灯りにさえバカにされてる。

人の良さをベタベタと塗りたくり
わずかに残る本当に純粋なものが酸敗する。

偉そうに
それらしく
聞こえのいいように。

声が響くかな。
野良猫も振り返らない闇を歩く。

空気を感じる前に
空気を呼む愚かさ。

深く息を吸い込め。
奥深くまで。
漠たる本質にたどり着くまで。

できないことよりも
妥協していたできることをすればいいんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。