現代女流書100人展

閉園30分前の人がいなさそうなタイミングで観てきた。

静かで広々、大好きな空間、国立新美術館。

現代女流書100人展

誰もおらず、一点一点ゆっくりと観ることができた。

筆使い、余白の活かし方、濃淡、紙の選定、技術に裏付けられた表現力。

勉強になった、やはり生に触れるのはいい!

観覧後、ちょっと散策。

25年前、毎日過ごした六本木、振り返ればめちゃくちゃな毎日だった。

その後も縁ありし想い出の街を密を避け久しぶりに邂逅の7000歩。

もう20年近く前に書かせていただいたお店がまだある喜び。

「八兵衛」さん、「とり秀」さん。

今や焼き鳥業界の重鎮。

「燃」さん。

 

今度は六本木大人の遊びの流儀を教えてくれた先輩、朝まで遊んだ仲間たちと再会してガッツリ飲み食いしたいね。

大変な中だけど頑張っている飲食店、応援しています。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)