現実は情熱の流れに沿って夢を形づくる

第七回夢玄會。

65の情熱が集いた。

事務局の力を借りながら、幹事を務めた。

一匹猿にとって、ある程度の数を束ねる仕事は学ぶことが多い。

相次ぐ前日、当日キャンセル。
おい、あんたの会費は誰が払うんじゃい。

勉強、勉強。

しかし急遽の参加者がそれを上回る。

人間にまみれるということは人間を知るということだ。


「兄弟よ、例のブツはいつ入るんだい?」
「上物がロシアから入ってくるぜ」

今日も夢玄會はアツいです。

船は進んでいる。

歓喜の海へと行く。

日一日が試されている。

渋谷に戻って一日の終着点。

一日の疲れに「御」と「様」をつけて
「御疲れ様でした」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。