白と黒のワルツ 「川上麻衣子のガラスデザイン展」

女優、川上麻衣子さんからご招待をいただき
西麻布 ギャラリーMITATEで開催されている
川上麻衣子のガラスデザイン展」で見てきた。

陶器を見る機会はこれまで何度かあったけど
ガラスの作品は初めて。大皿、片口、グラス、
キャンドルスタンド、ペーパーウェイト・・・ガラスの
繊細さ、美しさを堪能してきました。
中でもパウダースノーの白に黒のラインが描かれた
皿などは打ちのめされるような感銘を受けた。

ガラスなのにとても柔かく温かいカンジと、スウェーデンで
育った環境で培われたのか北欧風のシャープさが
混在してオリジナルな世界を醸している。

モノ創りにはその人の心がでてくるってこと。
だから観ることも、触れることも、創ることも
やめられないんだよね。そして自分を磨くことも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。