百錬成鋼 筆文字

百錬成鋼
心と体を何度も鍛えることによって、初めて立派な人物になることができるということ。

または、意志などが非常に強いことのたとえ。



昨日、久しぶりにうどんを麺から、出汁から作って失敗した。

情けないやら悔しいやら。

なんでこんなにも不器用なんだと。
なんで途中で修正することを怠るのかと。
書もそうなんだ、
情熱が高いからまぁそれ以上だよね、

そしてそのたびにもう一回、やり直す。
またうまくいかないくてもう一回。

やぱっりどっかでね、
途中で引き返すくらいならぶち当たってしまえ
っていう感覚があるんだ。

そこから再構築は難しい、
再構築よりもまた新しいものを。

それがそれ以前のものを凌駕してゆければいいのだけれど
その振れ幅の大きさにまた苦しむ。

そんなことを繰り返している。

感性と技術と心、百錬ですな。



今夜の毎日放送「情熱大陸」は、
古くからの友人であり
唯一の書道家の友人でもある中塚翠涛さん。
すばらしい作品を紡ぐアーティストなので
お時間あればご覧になってください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。