目に見えないものをそっと掴んでみる


良く晴れた。
自宅にはない空が広がる。

写真は母校の隣にある公園。
小学6年のときに遊んだ電車の遊具に腰掛ける。

記憶が揺さぶる蜃気楼の街を二時間歩いた。

霜柱、土の匂い、燦燦と注ぐ光。

俺はたしかにここにいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。