短歌

仕事で短歌を詠む機会があった。
といっても専門的に学んでいるわけではないので
どうだか?って感じなんだろうけどね。

でも面白いね。
普段言葉を紡いでいてもリズムっていうのはかなり
大事にしているし、せっかくの言葉もそのリズム次第で
響く深度が変わってくる。

「如月の 空にたゆたう 想い出に わが道たどる 夢の足跡」
 
十年近く前、六本木で飲食関係の仕事をしていた俺が
一念発起、コピーライターを目指し東京タワーの麓にある
コピーライターの学校に通いだした。役職を下げてもらい
仕事の合間に六本木と東京タワー間を往復して勉強してた。
今でもこんなふうに六本木から東京タワーを見るとあの時の
気持ちが甦ってくる。今こうして言葉を書く生活があるのは
きっとこの道から伸びているのでは、と思うんだ。

“短歌” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    今ある道を外れてわき道を切り開いていくってすごく勇気のいることですよね。今の自分はそこまでの勇気を奮い立たせる何かはまだ見つかっていません。こうじさんは早くにその道を見つけ、切り開いて今の素敵な存在になっている・・・何か尊敬しますね。
    自分もそんな道を見つける日が来るのかな?楽しみです。 Like

  2. SECRET: 0
    PASS:
    いつもわき道ばっかりでしたから(笑)。
    これしかできないだけなんです。
    でもそれがあることを誇りに、そして感謝して
    歩いていこうかなと思っています。
    遠回りも、はみ出したりも、全部自分の歩いてきた
    道ですからね。 Like

  3. SECRET: 0
    PASS:
    歩いてきた道・・・足跡☆全て、貴方の足跡!夢の通り道~♪夢の蕾一杯、膨らませて来たんだから!夢の花一つ咲き出したら?一杯咲き出してきっと実る花有るんだって!咲かずにじ~っと蕾を膨らませていた時期に貴方の傍で支えてくれた仲間!きっとみんな待ってますよ!夢の花、暖めて実らせて下さいね「^-;」v♪じゃじゃじゃ~ん♪一つの事を追求出来る者は奥深く?また多くを知るは己の限界も悟り困窮し這い上がれる?幅も容量も広がる・・・これからもっと奥深く探求出来ますね「^-^」v支えてきて下さった方々に感謝し当時の自分を慈しみながら今の自分に乾杯♪ですね! Like

  4. SECRET: 0
    PASS:
    18の頃から迷惑ばかりかけてきてる自分の道。
    歩いていられるのはそれだけ周りの人の支えがあるから。
    最近はせつに思います。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。