磨くことは大切なものを輝かせてゆくこと

肌によくないとわかってはいるけど、やはり太陽のもとで
自分のカラダと心を干すのはやめられない。
昨日は一時間半ほど小説片手に裸も同然で日光浴。

そして干上がったカラダに黄金の水分を。
以前からとても興味をそそられていた「善庵」へ。
よく冷えたビールと松茸の天ぷら。

ひらめの造り。

あれ?ステーキ鉄板じゃなかったっけ?
お見事、完璧なる和食。
鮎は四万十の天然もの。苦みがまた滋味深くて。

鉄板焼きって似たものが多く、わりとすぐ終わっちゃうけど
こちらは懐石のように和の神髄が堪能できます。
鱧の梅肉和えと鱧の卵。

本当に本当にどれも絶品。
写真を撮るにもテンションが上がります。
このほかにもたくさんいただきましたが、撮ることを忘れ
食べる、飲む、語るに気持ちがもっていかれました。

いよいよステーキ。
この日は鹿児島牛。

絶頂。パーフェクト。
この後の牛脂のサンドウィッチ、大葉のご飯まですべて感動。

鉄板はもちろん、電球ひとつひとつまできれいに磨かれていた。
細部へのこんな丁寧さから店の氣を感じる。
料理はとても真似できませんが、常に身の回りをきれいにしておく
姿勢は真似ることができますもんね。

これ以上ないってほど、すばらしいお店にまたひとつ出会いました。

  

      

      高校野球盛りあがるさなかの、闘う「モヒ猿」できました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。