空と川との間に毒が溶け行く東北写真館

雨の東京に戻り、創作と減量に励んでいます。
身体のキレと精神のキレは近いとこにある。

旅の空を撮ってきました。
ジメジメした気分を吹っ飛ばせ。

轟々と

黙々と(スケッチ中。すれ違う家族連れ敬遠気味?)

静々と

楚々と(桜が咲いていた!)

眈々と(湯の町にカランコロンと下駄が鳴る)

森々と(自然の緑は実に豊富だ)

燦々と

ちょっくら夢さ、探しにまた旅にでるべ。

福島市内をチャリで激走中。

言葉や文化を大切にし、郷土の誇りを感じました。
方言フェチとしても大満足です。

まさに、うつくしま福島でした。

      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。