窓を開け放ち、それでも私は書き続ける

筆まめの反動とは言わないが、電話無精、メール無精。

そんな俺ですが今回緊急搬送の件で
たくさんの友人、仲間から電話、
メールをもらいました。

ありきたりな返事しかできなかったけどすごく励みになった。

この場を借りて、
ありがとう。

朝が来る。
窓を開け放つ。
その向こうに光りがある。

気持ちいい。

それで十分なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。