笑顔とはにかみの間に刻まれた思い出

実にご無沙汰で、中目黒大衆割烹「藤八」へ。
女将さんとは同じスポーツジムなのでジムでご挨拶させて
もらってはいたのですがお店には久しぶり。

約束の時間よりちょっと早めに着いて、カウンターで
女将さんやスタッフのゆうちゃん(From china)たちと談笑。

そこで残念なニュースを知る。
いつも笑顔を絶やさず、ずっと仲良くしてきたゆうちゃん、
今月一杯で辞めて故郷の上海に帰るとのこと。

靴下まで濡れるほどの豪雨で店に行ったときは
サンダルやタオルまで用意してくれた。
キープしたボトルの期限が過ぎてしまっても「高野さんは
近いうちに必ずくるから」と残しておいてくれた。
何年も前からとにかくいついかなるときでも変わらぬ
笑顔で俺たちを迎えてくれた。

そんな温かさが好きでいろんな友人を連れてきた。
そこで藤八ファンになってくれた友よ。
メールください。今月中に飲みにいこう!

ゆうちゃん、八年間日本に、そして藤八に
いてくれてありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。