筆だけでは描ききれない、よくわからぬ何か

書くのは苦しい。
書くのは楽しい。

これをもう10年ちょっと繰り返してる。

気持ちがスコーンッと抜けることもあれば、
書いてみて激しくやりきれぬ気分にもなる。

自分でも驚く発見をする瞬間もあれば、
もう二度と顔を見せたくないと思うこともある。

自分の才覚のなさにヤケ酒を煽れば、
誰かの「ありがとう、感動した」に励まされる。

中庸得ずして、凡常なり。
(↑今、思いつきで書いたわりにいい言葉だった。
  今度ブログのタイトルしよう)

それでも、書く。
やはりこれしかない。
これに勝るものはない。

昨日は午後からまるまる一点の作品に費やした。

時として、筆を使わぬこともある。

もっともっともっともっと自由に。
もっともっともっともっと修練。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。