筆ペンメニューの書き方

筆ペン一本で書ける、筆文字メニューの書き方。

ペンてる の筆ペン、黒中字、朱、茶色の三本で二種類のメニューを書いてみましょう。

左は活きの良さをアピールするので筆を強く押し付ける感じでメリハリを。文字の大きさを変えたり、あえて真っ直ぐ書かないことで躍動感(新鮮さ)を表現。

右はその逆。金額も左よりも高いのですっきりと落ち着いた印象に。筆を立てて筆先を滑らせるイメージで書きます。縦に長い書体はかっちりした雰囲気になりますのでその辺も意識されるといいでしょう。

どこにニーズがあり、誰に有益な情報であるかは全くわかりませんが、そんなことを思いながら書いたりしています。

こちらも筆ペンを使ったもの。

春の足音を感じながらも三密を避け、家でゆっくり書や絵を楽しむ時間もいいのではないでしょうか。

難しい事はありません、

まずは夢中になって楽しむのです。

あなたの心のためにも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)