築きあげてゆく一歩の尊さを感じて

家中のものを整理している。
まずは山ほどある本から。

言葉はその時々によって解釈や深度が変わる。
五年ぶりに一冊の本を読みだしている。

そんな折に、その本の著者から電話をいただき、食事をした。

幾千の言葉よりひとつの行動。
行動は経験となる。

良しにつけ、悪しにつけ得た経験という財産。
しかしその運用をどうするかがもっと重要かと。

過去とか今とか明日とか、そこで喜び、怒り、泣いている。

整理ついでに12年前に書いたものが出てきました。

12年…
少しだけ行動を重ねてきたのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。