紫煙と焼酎、夜の海に問いかける

ここのところ旅といえば山方面。

海が恋しくなってきたので目黒区の夜の海へ。
日付が変わるころ、近所にある奄美大島の
ダイニングバーへ。

友とカウンターの一番隅に腰掛け、里の曙と
満月のロック。肴は奄美の名物トビンニャ(巻貝の一種)。
貝からあふれる磯のいい香り。

盛り上がるための酒じゃなくて気分を安らげる一杯。
子供たちにゃわかるまい。

「おもしろきこともなき世を おもしろく 
すみなしものは 心なりけり」
高杉晋作さんよぉ、現代にも響いてまっせ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。