終わりも始まりもない、今があるのだから

早朝五時、闇の中で筆を握る。
ひと息つくころにようやく空が白みだす。
冬のまっただ中に立つ。

たくさん書いた。

今年は本当にたくさんの子供たちへ書いた。

その向こうに親戚や家族や親子や本人の笑顔があるはずだ。

書や表現活動は俺にとって仕事という意識ではなく
人生やタカノコウジという人間の中の一部だから
特別仕事納めも年末休みということありません。

書きたいときにいつでも書くでしょう。
書けと言われたら書かないでしょう。

できないことばかりだから
できることがいっぱいあると思う。

そのためにはやっぱりやるしかない。

       こんがらがった思考を「モヒ猿」で休めましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。