職人

最近読んだ、ある小説にこんなくだりがあった。
主人公はイラストレーター。

「○○(主人公の名前)は芸術家を気取る前に
<職人>を自称し、せっせと作品を創っては
あちこちに売り込む努力を重ねてきた・・・・」

この気持ち良くわかるんだよね。
見えない誰かに作品が売られていくことより
依頼を受けて作品を描いたり、期待以上の
仕事をすることが俺は好きなのだ。
ごくたまに芸術家気取りで行動力もないくせに
いろいろ批評する輩に会うけど鬱陶しくてしかたない。

威張ることなく、媚びることなく、謙虚に黙々とやる
<職人>気質で十分ではないかと思う。
なにをガタガタ人様のすることにケチをつけようか。

俺はいわゆる商業文字といわれるロゴなどを
創ったりするのが好きだ。お店のロゴやパッケージ
デザイン、お酒のラベルその他もろもろ喜んで引き受ける。
かつては必死に売り込んでいった。今でもその
姿勢はまったく変わらない。
以前よりは先方から依頼という形で舞い込んでくる
ことも増えてきたけど「欲しい」という気持ちに応えたい
と思うのはもしかしたら自分の生い立ちに起因
しているのかもしれない。

日本全国、海外からも「欲しい」という情熱をいただいて
いろいろなロゴや作品を創らせていただいている。

どんな場所でどんなふうに使われているのかは見に
いけないけど、どこかで彩りになっていたら嬉しい。

先日愛媛に行ったときにロゴを書かせていただいた
お店に立ち寄ることができた。美しい芝が広がり、
きれいに刈り込まれた見事な松がある料亭だった。

一方通行や自己満足ではなく、お互いに共鳴できる
ものを創りつづけてゆきたい。
気持ちはスノッブな芸術家なんかじゃなく、
松を刈り込む職人や本物を提供しようと研鑚を
重ねる料理人と同じところにありたいと筆を握っている。

“職人” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    本物の館に本物を追求し続けておられます高野様の書・・・感銘を受けております。上り坂の途中?!峠を一歩、一歩乗り越えられ人道、モラルを大切にされ・・・他人に鋭気を与え「^-;」・・・自分も周りの方々に支えられながら、この苦境とも言える時代をどうにか生かさせて頂いております。病気療養中の頃には、ちゃんと働けず物を作って販売したり・・・他人の役に立ちたいどころか・・・自分の事で精一杯でした。依頼を受けても思う様に応えられず・・・未熟さゆえに自分に腹が立っておりました。今は、生活苦の私を心配した知人の紹介で全く畑の違う就職先が決まりようやく落ち着きました。笑顔と愛嬌だけが取り柄になってしまった私ですが・・・今度、初めてのお給料が出ましたらまた私の部屋に高野様の書を是非!今度は、大きいの頼みたいです「^0^」; Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。