自覚なき悪意

渋谷は怖い。まぁ田舎モノだからしょうがない。
今回はそういう意味の怖さじゃない。

駅前のスクランブル交差点。信号はとっくに
赤になっているのに平気な顔して横断する輩がいる。
人の波が途切れ、車の発進音やクラクションで
歩行者の信号が赤になっていることに気づき慌てる。
もう何百回と見てきた光景。
どこ見て歩いているんだろう。完全に油断して
緩みきってるとしか思えない。
足元をすくわれたり、寝首をたたかれる恐怖感ゼロ。
前の人が歩いていたからってのがせいぜいの言い訳だろう。

渋谷の交差点の光景を嘆いているのではない。

この<自覚なき悪意>に怒っているのだ。

自分の意志や、確認や根拠や拘りや美学なくして
ただ全体の流れにのって発見されないよう漂っている。
大勢にまぎれているから罪悪感のかけらもない。
怖いから抜け出すこともできない。
そしてそんなヤツらははみ出たモノを「KY(空気が読めない)」
などと罵る。くだらない流行語だ。
「迷惑」で済んでいるうちはいい。でもこの意識が「いじめ」や
「自殺」の温床となっていきやしないか。

子は親の責任に、親は学校の責任に、学校は組織の責任に、
組織は社会の責任に、社会は政治の責任に、政治は・・・。
どこになすりつけてもダメなんだよ。
自分で切り拓いていかなくちゃ。

かつて「赤信号みんなで渡れば怖くない」というギャグがあった。
もう素直に笑い飛ばせる時代じゃなくなってきてる。

被害者をなくすためにはこの自覚なき加害者ってのを
一掃してゆくことだと思う。
自分の意志で信号を渡れるように変わってゆかなければ。

このクソ暑い中、

カレー食って、喝ッだ!

“自覚なき悪意” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    さすが関西人!
    今回はまじめに書いてみたつもりだけど思わぬトラップがあったか(苦笑)。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。