色づいたその一瞬にパッとなくなる儚さよ

東京に夏のような熱さと
春一番のような突風が吹き荒れた
12月の空を切り取りにサイクリングに出た。

東京というキャンバスは冬の彩りを始めている。



山手線の外側を周り、新宿方面からの帰り道。
自転車をこげないほどの向かい風。
一句詠んだわけではない。
風笑う慣れないことをするからさ。

今、静かに自分の進むべき方向を見据えている。
現状維持のその向こうに突き抜ける航海図を描く。

二度とない瞬間にパッと燃える。

紅炉一点雪(こうろいってんのゆき)

師が走ろうが、寝てようが
己のリズムは変わることなく。

忙しさはありがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。