色即是空

お坊さんの友人が一年間の寺修行を終えて俗世間におりてきた。
一年間携帯電話も所持できず、外部との連絡を一切遮断し、修行に励む。
朝4時に起き、夜の9時まで修練が続く。それでも修行を終えた今、また
やりたいと言う。やらされているのではなくやっている、と自覚することが
成長につながっている。
「ただ、今ここに生命がある。この今に集中してこの今に生きる」
我ばかりが強い俺には彼の言葉のひとつひとつが痛いほど響く。

かつて俺がソロで音楽活動をしていたころ、彼がギターを弾いてくれてた。
こんなにギターがうまいヤツがいるんだぁといつも感心していた。
この夜もかつての作品を聴いてきたらしく
「また一緒にやりましょうよ」と言って、樽酒をあおる。
あれから十数年、テクニックプラス味のあるギターを弾くんだろうな。

成長を続けるヤツは輝いてるな。頭も少々。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。