虹の向こうのどこかに 青い鳥は飛ぶ

貧乏ニューヨーク旅へ行ってたときのこと。
もちろんBLUENOTEやVILLAGE VANGUARDなどに行けるはずもなく
深夜にSOHOの治安の悪い場所にあるジャズクラブで
ハイネケンをちびちびやりながらニューヨークのジャズを体感した。
なんだか逆にむなしくなって二本のハイネケンを空けて店を出た。

昨夜はヴァレンタイン ジャズ ディナー。

ジャズとワインとチョコレート。
洗練されたアダルトでスウィートな夜になりそうでしょ。

ところがならない、愉快な仲間たち。

まさにファニーヴァレンタイン。
笑いが虹をこえていった。

今朝も夜明けすぎから創作活動。
締め切りに向けて黙々とコツコツと。

いよいよ2010年、旅人こうじも始まるので。

      
      「モヒ猿」もいつかの少年に会いに行ったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。