血を流し、汗を流し、歓喜をそっと手渡すとき

愛と痛みは背中合わせ。

それを知っているから人を愛せる。

ひとつの波動。

救われたいと願うひと、
本気で手をさしのべるひと。

週末、EXILEのコンサートに呼んでいただきました。

ここにあるのは体感したことのないエンターテイメント。
声、バンド、ダンサー、照明、音響、特効、演出、CG、構成。
初めて観たけど本当に素晴らしかった。

終演後、バックステージに。

忘れることのない感謝。
実るほどに強くなる謙虚さ。
妥協無きたゆまぬ努力。
シンプルだがなかなかできないこと。

これだけの人気がよく理解できる。

一緒に行った、両親に見捨てられ、大人を信用できなくなった少女、
ATSUSHIさんと再会し、上気し、こぼれるような笑みで佇む。

音楽が人間力が紡ぐ幸せ。

あるとこには「愛」はあるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。