表現者は人間稼業ときたもんだ


昨日は小比類巻選手よろしくMr.ストイックを真似て1日をスープニ杯で過ごした。
そして今朝早くから奄美大島に送る作品制作(1400×1100サイズ)。そして10時からジムトレーニング。
さすがに汗が出てこない。

週末を豪華に食べ、飲み過ごしたんだからと自分に課し、肉食べてぇなぁとブツブツ言いながら今日の夜まではまたスープです。

先日、縁あって警視庁の警部補と杯を合わせた。人を理性や損得で判断しない(できない)分、感覚的に人を感じることに長けてきた。ダテに三万を超える人に言葉を紡いできたわけじゃない。
ただそれはあくまでも自分の中の感覚であり、社会的間尺ではないんだが。
彼はすごくいい雰囲気を醸していた。人間が見えた。
交番では「カラスの低空飛行を止めさせてくれ」なんて市民からの電話もあるそうだ。どうしちまった我がニッポンよ。
覚悟や責任を纏ったその薄いヴェール一枚の感覚が存在感を浮き彫りにさせる。

明日も魂で生きる男たちのお話を(本当は今回全部書こうかと思ったけど、携帯からだと打つ気持ちの限界が早いので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。