見えないものも写せる目を持ち


なんだかんだと多忙な日々、パソコンに向き合う時間もままならず、モヒ猿の更新も出来ず。

モヒ猿のように写真を撮ることは子供が玩具と戯れる感覚みたいなもの。

プロ意識もなく、無邪気に楽しんでいるのですが、こうして自分の撮った写真や文章が刊行物になるとまた感慨深い。

旅行記を4ページほど書いた。

旅は仕事でもあり、最大の趣味でもあり。

日本を二本の足で回るほどにその深さに俺の好奇心は疼く。
来月は八丈島、愛知。そして念願の石垣島行きの夢が叶った。

人に触れ、風景に溶け、食を楽しみ、文化を知る。
動けるうちに、感じられるうちに。

カメラはひとつの物体だけど、旅の空を永遠のものにしてくれる。

そんな気持ちで俺はシャッターを切り続けていたい。

昨日は別件で飲んでいる所で偶然に奄美大島の友人に会った。久しぶりの再会に痛飲。

よって、強烈な二日酔い。そんな中、野球の試合のため埼玉の球場へと向かっております。

バックにはカメラとグローブ。

意外にもこんなときこそホームラン?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。