角度や視点を変え、解放の彼方へ

東京、視点を変えて旅に出かけましょう。
ビールを持ってさぁ。

キャプテンはもちろん俺だ。
運転席に座り、舵取りをしてる風。クルーのみなさんと。

海の向こう、旅客機が飛び交ってるよ。
いつも飛行機から見ていた羽田沖の船の上から
鈍重な鳥が飛び立つ様子を眺めてみる。

ベイブリッジのパンチラ(死語)ショット。

ランチタイム。クルーが予約してあるレストランに電話。
「すいません、留められます?船なんですけど」
どんな会話なんだ。

異国情緒。海辺のエスニックレストラン。
恰幅のいいマネージャーとおぼしきタイ人。
厨房からは暑いアジアのスパイスの香り。

横浜エレジー、涙と夢を鞄につめて。

俺だって人生っつう航路をゆく冒険王だ。

東京は俺を置き去りにしてゆくのだろうか。それとも…。

夕暮れ、飲み過ぎ、たそがれて。

ん?お前は誰だ?

海は見るものだと思っていた。
しかし海から見えるもの。
見慣れた景色が彩りを解き放つ。

伝えたい思い、響いてくれるといいな。

     もちろん操舵はできませんがこちらは自分で
     創りました。「モヒ猿」、どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。