言わずと腹におさめたら、奥歯を噛んででもゆけ

流れ流れてまだこうして東京のど真ん中でふんばっている。
時々これまでの人生を振り返るように、高い所から
この街を見渡してみたくなる。

情けないまでに弱く、脆い俺が顔をのぞかせる。
とうに失ってしまったものを待ち望んだり、
手にできるはずもないのに想像を巡らせたり。
ひらひらと空に散らす事も
どす黒い河に流す事もできないくすぶり。

唾をかけたいことと愛しくて抱きしめたい想いが
交互に激しい波のように押し寄せる。

昨日は一睡もできなかった。
おまけに人生初の金縛りときやがった。

こうして這い上がってまた流れは生まれてくる。

あぁ、自分の弱さ愚かさが嫌になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。