許されるなら何度でもまたやるだけ

今の自分は失敗の上になりたっている。
しっかりとファイティングポーズをとったつもりでも
ガードはさがり、強烈なパンチをもらう。
ふらふらになってもふんばる、これの繰り返し。

経験を重ねるほどに古傷も疼く。
俺は考える葦なのか?パスカルに聞いてみたい。

昨夜は奮い立たせてくれる仲間と一献。
人として男としてスジと義が通った姿勢から学び、
このひとくきの葦は伸びようとまた思える。

想いなくして言葉は意味をもたない。
魂なくして道は伸びない。

仲間の子供の清浄無垢なしぐさも光だ。

やがてひとり見つめる歌舞伎町の夜明け。

まだまだ苦悩と失敗は続く、
でもそのリングにタオルを投げ入ることはしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。