赤松真人 引退

昨日の夕方、車で都内数カ所に納品、
月末の金曜、増税前もあってか大渋滞。

プレーボールを大幅周り帰宅。

広島カープ最終戦、そして赤松選手の引退試合。

今年を象徴するような、まぁ、みっともない試合で最終戦敗戦。
投打共主力を大きく欠いているとは言えこの噛み合わない感。

しかし試合後の赤松選手の引退セレモニーは本当に美しかった。

守備と走塁が際立っていたけど、2010年にはクリーンナップも任された選手。
2016年に胃癌が見つかり、翌年には、胃から癌細胞を摘出する目的で、胃の半分を切除する手術を受けた。
一軍復帰を目指していたが今シーズンをもって引退となった。

本人も家族への感謝の思いを挨拶で話されていたけど
本当に家族のサポートがなければ大変だったと思う。
自分も過去に父親を癌で亡くしたが、家族のサポートの重要性を身を以て感じた。

これからは大切な家族とゆっくり過ごすことができる。
そしてあのずば抜けた技術力を指導する立場となって球界に戻ってきてほしい。

韋駄天赤松選手、お疲れ様でした!

15年、駆け抜けましたね。