超えてゆけ、侍゛

どんな苦境にあっても想像力は忘れずにいたい。

鉄板を挟み、熱々のステーキを喰らい、染み入る男酒をキメながら流儀を教わり、ひとりアジトに戻り想像力の羽を広げる。

心で鳴っているかが大事。

形や、見えるものだけにとらわれてはいけない。

その向こう側を見ろ。

なんとなくではなく、鋭く聞き耳を立てろ。

朝は来る。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)