足りないくせに足りたツラしてどこへゆく

夜はほとんど筆を持たない。
ものが生まれるリズムはお天道様がてっぺんに
昇るくらいまでがいいことを身体や脳が感じているから。

それでも昨日は夜になって激しい衝動が襲う。
己自身を打ちつける、いかずち、激しい怒り。

この未熟な表現者が内面で咆哮する。

ナンバーワンなどいらない、常にオンリーワン。

それなのに、なにをやってやがると憤る。

もっと闘え、自分自身の
傲慢さに
怠慢さに
緩慢さに
邪慢さに。

自分のペースなんてのは、やりきった者の言えることだ。

書きまくれ、高野こうじ。

この感情はけしてネガティブなものではない。
むしろいいことだ。

好敵手を作るのもアリかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。