退屈を飲み込んで錆びついた鐘をたたき割れ

東京生まれ、東京育ちゆえ、郷愁感も東京に対する
異質な感情もない。

それでも始まりの景色というものはある。

先日新宿を歩いていた。
なんとなく空中に輝くイルミネーションが気になって
光の元へと向かって進んだ。

まぁそれ自体はたいしたことなかったんだけど
地上に視線を落としてみたら、そこに始まりの場所があった。

新宿のライブハウス「JAM」。
バンド時代、いろいろと世話になったライブハウス。
東京都下でバンドをやって、都内進出の狼煙を揚げ
そして最後の幕を下ろしたのもここ(だったと思う)。

母校に帰ってきたようなものだ。

あの頃から叫んでいた。

20年前の俺。
今から約20年後にチャンチャンコならぬ
当時の赤いジャケットで還暦だ(笑)

ついでにバンド解散後、サンフランシスコの路上で
歌うという放浪にでたときの写真も出てきた。

お茶の間のみなさんお久しぶりです、吉田栄作です(失笑)。
フィシャーマンズワーフのクラムチャウダーの美味さ、
今でも覚えてるよ。

まだまだ表現したいことがある。
道はなんにも変わっちゃない。
創ることを愛している。

当時の歌詞を筆で書くとは思ってもいなかったけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。