遊佐 物語

禁断に触れた。

久保建英レアル・マドリード入団おめでとう、
銀河系一美味い焼き鳥店「遊佐」のピッチへ。

繰り出される一串一串の精度の高さに感嘆。

正確無比、変わらぬ完成度、

そして店主、焼き鳥だけじゃなく、スパイスの使い手。
驚愕のシュート、禁断の逸品、チキンカレー。

ore壱の美味さ。
刹那に変化し続けるいろんなスパイスの香り、
後からくるスッキリとした辛味。

レアルファンにわかりやすく言うと、サモラーノの決定力と、イエロの強さと、モドリッチの持続性が同居する一皿。

銀河系一のカレー。

作り方を聞いたら、さすがプロフェッショナル、
やはり正しい仕事には情熱と矜持と準備とイメージ。

ジャンルは関係ない。

自分のフィールドをマルセイユルーレットをきめながら、悪魔の左足弾丸シュート放ちながら、未来への放物線を描いてゆく。

ちなみに店主はサッカーじゃなく、ハードコア大好きのイカした男^_^