過去よりも未来よりも語るべきは今

戸籍謄本を取りに浅草へ。

夕暮れを待つ隅田川。

浅草寺も電気ブランにも寄らず、有楽町の交通会館へ。
この5年、国内を回り続けた旅人は
長きにわたる海外の封印を解くときがきた。
そうパスポートの再取得。

夕方、NPO法人理事オブザーバーとして
新橋の、ある特別室で開かれた玄さんの講演会に出席。
オブザーバーというよりいち参加者として勉強させてもらった。

日本の経済界の中枢を担っている出席者の
方たちとの共鳴、真逆の生き方ゆえの真理。
見てきた景色は違えども、覚悟っていうのは
今という場所にしっかりと足跡を刻むんだね。

研鑽の旅は続く。
荷も足取りも軽く。
大切なものだけ、それだけ。

今朝、素晴らしいものが届いた。
俺の子供ときのスピードスター、偉大なる
カープの「赤い疾風」高橋慶彦さん。
慶彦さん抜きでカープの伝統芸、機動力野球の系譜は語れない。

今年から千葉ロッテの二軍監督に就任された。
ますますのご活躍を願ってやみません。

俺は中学校のころ、体育祭のリレーで
足がもつれ頭から転倒し、ビリ。
高校では長距離走で顔面から
アスファルトにバウンドし、顔面血だらけ。
昨年の草野球ではサードゴロ、ダッシュ転倒で左肩亜脱臼。

これからジムでマシンランニングが待ってます。
怪我しませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。