遠くまで飛ばすためにはバットを振ることだ

野球選手がバットを振り続けるわけ。
料理人が包丁を研ぎ続けるわけ。
鍛冶屋が焼けつく炎に対峙するわけ。
画家が孤独を超えてキャンバスに向かうわけ。
F1ドライバーがアクセルを踏み続けるわけ。
ボクサーが傷だらけでもリングに立ち続けるわけ。

プロとして
仕事を愛すること、
覚悟を決めること、
歓喜を描くこと、
プライドを賭けること、
恩に報いること。

その意味を思う。

朝一番、オープニングセレモニーで大書を披露。

渾身の「飛躍」を書いた。
叩き付けるような飛沫は生命の躍動。

青空の咆哮は気持ちよかった。

午後からはなんと4時間半、一人ひとりに書き続けた。

さすがに尽き果てた。さらに進むための課題も見えた。

しかしこの充足感に変えられるものはひとつもない。
さらに受け取った人に響いてくれたなら最高。

その道は平坦ではない、舗装もされてない。
蹴躓く、ぬかるみで動けなくなる、あっさりと抜かれる、
でも悪くないよ、やっぱり信じる道は。

2009年11月1日、麗澤大学。
ご来場の方々、スタッフ、先生、だけじゃない、
傍らに置かれた焙じ茶にまで感謝したい一日だった。

経験と言う名の教師が人生を教えてくれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。