金や評価のためだけにやってるわけじゃない

パンクなタイトルだけどそんなに吼えたり
しませんからご安心を。

今号の「おとなの週末」(焼き肉特集)を読んでたら、
そこに二軒ほど屋号やメニューなどを書いている
店が掲載されていた。

大半の人からすればロゴやメニューは当たり前の光景、
オーナーと俺がああだこうだやって創ったもの。

料理屋にこだわり野菜を納めている農家の喜びみたいな感じ?
野球選手の道具を造るグラブ職人みたいな感じ?

誰もの意識の外にあるこだわり。
評価をされにくいけど明確なアイデンティティ、
それも好きなんだ。

街中に溢れたそのサインをホロ酔いで見て、その足跡を知る。

昨夜は歌舞伎町の焼き鳥の穴場「鳥修」さんで仲間たちと一献。

雨は見事にあがって店を後にする。

ここ歌舞伎町にもいくつかロゴを書いている店がある。

発見っ。

ここにも発見っ。

夜な夜な街に飲みに繰り出すのは
いろんな看板を見て勉強するためなのだ。

    こちらは真面目に「モヒ猿」やってます。
    今日から3日間連続で先日の九州場所の作品をアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。