間合 筆文字

昨日の稀勢の里はもう何かが憑依しているのか

もしくは不動明王のように背中から焰が立ちのぼっているかのようだった。
13日目のあの怪我。夏場所いや、今後の相撲人生さえ危ぶむアクシデント。
得意としている左が使えない。
しかし新横綱は出場した。
そして冒頭の表現の域に達する姿で土俵にあがり
本割、決定戦と絶好調の照の富士を倒した。
最後はまた左方から土俵に堕ちる捨て身の取り組み。
「地位が人を作る」と言われてるがちょっと違って見る。
たくさんの苦労と修練と悔しさをものしてきた精神力と
親方はじめ家族、支援者への感謝の気持ちがこのような力士にし、
それは少しばかり遅くはなったが横綱にしたのだろう。
これまでの横綱とは異なる「少しばかり遅い」昇進、
ここに稀勢の里たる強さが潜んでいると考える。
覚悟という自分との約束。
それが鳥肌、感涙ものの感動を我らにももたらせてくれた。
自分との約束は絶対に貫き通すのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。