間違ってはいけないことを間違えないように

こんな自然を眺めながらも心と胃袋は
ハングリーッ!と叫んでいるわけで。

昼過ぎに都内に戻り、筆をとる。

夜は歌舞伎町コルレオーネファミリーで一献。今井屋。

比内地鶏と生ビールで燃え上がる。

そして泥のように寝て、早朝から筆を持つ。

筆を持つとエネルギーが満ちてくる。

子供服であっても、渾身の作品であっても、品書きであっても
ただひとつの世界の中で生命が漲る。

昨夜も飲んでいて、いい話になった。

ワガママとは「我がの儘に」ということだ。
中途半端では「我がの儘に」できない。

その覚悟と本気が人をつないでゆく。

書くことが自分の中の「ワガママ」を「我が儘」にしてくれるのだ。

適当な楽しさなど欲しくはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。