陽光よ、東京のヒエラルキーを照らせ


いい天気だったので今日二回目の更新をしてみた。

午後から夕方まで六本木の事務所で缶詰めになって作業。
窓から六本木ヒルズが要塞のように青空の中にそびえたつ。
東京タワーのような愛嬌がないんだよなあいつは。低温でリッチな姿、におい(匂い、臭い)のない生活。

これから新宿歌舞伎町へと移動。
今度はToo muchな濃さ。

10年前、俺のジャングルジムだった六本木、現在は歌舞伎町。住まいは10年、渋谷周辺を転々。

東京という街にむせかえり、吐き気をもよおしながら、たまらなく愛してもいる。

夢が生まれた場所だからという理由だけで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。