静かなる熱がゆるやかに沸騰する

ロスに滞在していたときに住んでいた家の
息子ジェイソン(当時26歳)とメキシコ人街を
歩いていたときにジェイの友人に会った。
その友人に俺を紹介するときに「Quiet man」と言った。
実はあまり英語が喋れず寡黙にならざるをえなかった
という裏事情はなしにしても「Shy guy」ではなく、
「Quiet man(静かなる男)」と評したあのシーンを
俺は今でも嬉しく、鮮明に覚えている。

実は寡黙でも静かでもなく、松岡修造ばりの俺ですが
男でも女でも、静かな人に惹かれるのは確か。
寡黙さは誠実さ。

椎名林檎を探して深夜の歌舞伎町を徘徊。
女王はいなかったけど知り合いの店を6軒もはしご。

沖縄人、ユウキ。こいつもまた静かで熱い男。
太陽の国の生まれだから原色率が高いファッションです。
昨夜もビーサンで歌舞伎町を闊歩するやつ。
島人とはなぜかウマが合う。

融和とは時間をかけてゆく作業。
立て板に水で饒舌な人よりゆっくり心でうなずきあい
咀嚼してゆくほうが信頼は深まってゆく。

少し経験を積み、言葉じゃないその向こう側の想いを
理解できるようになった。だからベラベラと喋る必要もない。

感謝と誠実さと冒険を忘れることなく歩いてゆけば
そこに歓喜の花は咲く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。