風が雲をはらい、青空を見せるまで


地元に戻ってきました。ブルースを探して。

誰にでもふるさとはあると思う。さまざまな事情で帰れない、帰らない、あると思う。

俺にとってはこれまでのいいも悪いも飲み込んで最高に落ち着く場所。
当時は実に治安の悪い場所だったけど。

ここにルーツがある。だからブルースを探す。

己の中のソウルを、リズムを抱く。

何かあったらふるさとを描いてみてください。

凄い偶然なんだけど、今回のカレンダーの印刷所が我がふるさとにある。それがいよいよ今日上がるってわけ。
大変お世話になったので感謝の挨拶もあって自分で取りに行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。